配偶者ビザが不許可になる理由 ~日本語能力・夫婦のコミュニケーション~

運営:たろう行政書士事務所

070-3133-3556
9:00-20:00(土日祝は要事前予約)
友だち追加
MENU

配偶者ビザが不許可になる理由 ~日本語能力・夫婦のコミュニケーション~

夫婦のコミュニケーション

配偶者ビザが不許可となる理由とは

配偶者ビザの申請が不許可となる原因の一つに、外国人配偶者と日本人配偶者との間で十分なコミュニケーションが取れていないと判断されることがあります。夫婦間でコミュニケーションが十分に取れないと、日本での安定的な生活に疑いをもたれるからです。また、結婚の信ぴょう性にも疑いが向けられ、結果として偽装結婚を疑われることがあるからです。お互いのコミュニケーション能力を示せないことは、配偶者ビザの不許可の理由となることもあります。

夫婦の使用する言語は重要な審査対象

配偶者ビザを申請する際、出入国在留管理局へ提出する「質問書」でも夫婦の日常会話で使われる言語についての質問があります。それだけ夫婦が普段コミュニケーションをとるための言語は重要と思われています。実際に問われる質問についてみていきます。

夫婦が日常使用している言語

質問書では、夫婦が日常的に使用している言語について確認します。日本語、英語、配偶者の母国語など、具体的に記入します。

お互いの母国語の理解度

次に、夫婦それぞれがお互いの母国語をどれくらい理解しているかを答えます。以下の4つの選択肢から選びます

□難しい=通訳が必要
□筆談・あいさつ程度
□日常会話程度は可能
□会話に支障なし

外国人配偶者が日本語を理解しているか、日本人配偶者がパートナーの母国語を理解していれば、コミュニケーションが円滑であると判断され、結婚の信ぴょう性を高める要素となるでしょう。

日本語を勉強した方法も聞かれます

外国人配偶者が日本語を理解している場合、どのように日本語を勉強したのか答えます。大学で日本語を専攻した、日本の漫画やアニメが好きで覚えていった、アプリを使用して勉強している等、具体的に答えましょう。

お互いの言葉が通じない時の対処方法は

お互いの言葉が通じない時の対処方法についても質問されます。断然多い回答は翻訳アプリを使用することでしょう。わかりやすい単語を使うや辞書を使うという方もいらっしゃいます。

無料相談

夫婦間で意思の疎通が出来ないと不許可のリスクが高まります

出入国在留管理局への質問書の提出でもわかるように、夫婦間の意思疎通が不足していると、配偶者ビザの申請が不許可となるリスクが高まります。お互いのコミュニケーション手段としての言語は、日本での生活の安定や夫婦関係の健全さを示すための重要なツールとなるからです。

夫婦のコミュニケーションが取れていることをアピールしよう

外国人配偶者が日本語能力試験(JLPT)などの公的な試験に合格してれば、証明書を提出しましょう。これにより、日本語能力を具体的に示すことができ、信憑性を持たせることが可能となります。

お互いの母国語でなく、英語で会話をするという夫婦もいらっしゃいます。お互いがどのように英語を学んだかを説明することで、夫婦間のコミュニケーションに問題がないことをアピールしましょう。

SNSでの会話などを提出する

日常のやり取りとして、SNSでの会話履歴を提出することも有効な手段となります。これは、日常的にコミュニケーションが取れていることを直接証明することとなり、その結果、お互いのコミュニケーション能力を具体的にアピールすることになります。

現在学習中であることをアピール

現在日本語を勉強中であればアピールしましょう。日本語学校に通っているなど、言語能力の向上に対する意欲と努力を見せることは、日本での生活への準備と本気度を示す材料となります。

まとめ

配偶者ビザ申請にあたり、夫婦間のコミュニケーション能力は重要な審査項目となります。これは、日本での生活の安定性と結婚の信ぴょう性を裏付ける重要な要素であり、直接審査にも影響してきます。不許可リスクを避けるために、お互いの語学力を示したり、SNSでの日常の会話履歴を提出するなど、コミュニケーション能力に問題がないことを示すことは重要です。

申請に対して不安や心配がある方は、専門家の助けを借りることで、スムーズかつ適切な申請が可能となります。たろう行政書士事務所では、そのような専門的なアドバイスを提供し、皆さんが円滑にビザ申請を進められるようサポートします。お気軽にご相談ください。

この記事の監修者

本田 太郎行政書士
たろう行政書士事務所 代表

外国人VISA、在留資格を専門に取扱う「申請取次行政書士」

専門分野:配偶者・国際結婚ビザ、外国人就労ビザ、永住申請、帰化申請

【運営サイト】
たろう行政書士事務所
帰化東京サポートセンター
雇用・就労ビザ東京サポートセンター
経営管理ビザ東京サポートセンター
お電話・メールにて
まずはお気軽にご相談ください
メールでのお問い合わせ                                
無料相談予約フォーム
24時間受付可能
TOP