再婚で配偶者ビザを申請する際の注意点 | ビザ東京サポートセンター

運営:たろう行政書士事務所

070-3133-3556
9:00-20:00(土日祝は要事前予約)
友だち追加
MENU

再婚で配偶者ビザを申請する際の注意点

再婚で配偶者ビザを申請する際の注意点

再婚で配偶者ビザを申請する際の注意点

国際結婚する外国人配偶者が再婚者であるケースは少なくないと思います。日本国内の結婚数に占める再婚の割合は、全体の1/4にも及ぶという結果もあります。しかし、外国人配偶者に離婚歴があると配偶者ビザが取りにくくなるのではないか、といった心配をされている方もいるのではないでしょうか。再婚で配偶者ビザを申請すると不利になるのでしょうか。ここでは、離婚歴のある外国人が配偶者ビザを申請する際の注意点について詳しく説明していきます。

離婚歴があると審査が厳しくなる?

配偶者ビザの審査では、離婚歴の有無が審査結果に影響を及ぼす可能性があります。特に離婚歴が多い場合や、日本人との離婚を繰り返している場合は審査に不利に働く可能性が高まります。

しかし、離婚歴があることだけをもって申請が却下されるわけではありません。審査官は、再婚に関する具体的な状況や結婚の信ぴょう性などを総合的に考慮し判断します。

具体的にどういったケースで審査に影響が出るのでしょうか。

配偶者ビザの審査に影響があるケース

離婚歴が多い

過去に離婚歴がある場合は、審査に影響が出る可能性があるでしょう。離婚回数が2回、3回と増えていけば、許可のハードルは上がると考えた方が良いでしょう。

特に日本人との離婚歴が多い場合、偽装結婚が疑われやすくなります。ただ日本に住み続けたいだけではないか、働き続けたいだけではないか、といった偽装結婚による配偶者ビザ取得が目的ではないかと疑われる可能性があるからです。

交際期間が重なっている

前婚が解消する前に交際が始まった、いわゆる不倫状態から交際が始まった場合も注意が必要です。不倫状態であったことをもって不許可となることはありませんが、印象は悪くなりがちです。お二人の関係性を、より丁寧に説明していく必要があります。

再婚である場合の申請のポイント

過去に離婚歴がある場合、通常の申請よりも丁寧にお互いの関係を説明する必要があります。丁寧に説明することで、お二人の結婚の信ぴょう性を明らかにし、偽装結婚やブローカーなどの介入がないことを示していきます。

前婚が破綻した理由を伝える

前婚の破綻理由をしっかりと伝えましょう。性格の不一致だけでなく、DVや浮気、借金など離婚に至った原因は人それぞれです。不倫状態から始まった交際の場合も、実際には何年も前から別居しているようなケースもあります。再婚での配偶者ビザ申請では、そういった前婚の破綻の理由をしっかり伝えましょう。

今回の結婚が真実のものであるとしっかりアピールする

お二人の結婚が真実のものであるとアピールすることが大事です。お二人が出会い、交際に発展し、結婚に至る流れを丁寧に説明していきましょう。交際を示す写真やLINEなどのSNS履歴を提出することも有効です。お二人だけでなく、家族や友人と写っている写真は信ぴょう性が高まります。結婚の信ぴょう性をアピールすることは、配偶者ビザを取得する上で非常に重要です。

最後に、配偶者ビザの申請は個々の状況によって異なるため、専門家の助言やアドバイスを受けることも選択肢としてあります。行政書士など専門家が適切なアドバイスを提供してくれるでしょう。再婚での配偶者ビザ取得に向けて、正確な情報を得てスムーズな手続きを進めることが重要です。

この記事の監修者

本田 太郎行政書士
たろう行政書士事務所 代表

外国人VISA、在留資格を専門に取扱う「申請取次行政書士」

専門分野:配偶者・国際結婚ビザ、外国人就労ビザ、永住申請、帰化申請

【運営サイト】
たろう行政書士事務所
帰化東京サポートセンター
雇用・就労ビザ東京サポートセンター
経営管理ビザ東京サポートセンター
お電話・メールにて
まずはお気軽にご相談ください
メールでのお問い合わせ                                
無料相談予約フォーム
24時間受付可能
TOP