「年齢差が大きい」配偶者ビザ不許可の理由とその対策 | ビザ東京サポートセンター

運営:たろう行政書士事務所

070-3133-3556
9:00-20:00(土日祝は要事前予約)
友だち追加
MENU

「年齢差が大きい」配偶者ビザ不許可の理由とその対策

「年齢差が大きい」配偶者ビザ不許可の理由とその対策

配偶者ビザを申請する際、年齢差があるカップルは不利になるかもしれないと心配する方もいるかもしれません。日本人同士の場合でも、大きな年齢差がある結婚は一般的ではないので、国際結婚の場合は尚更厳しい目で見られることもあります。

なぜそのように見られるのか、どのようなことに気を付けて申請したらよいのか、今回は、年齢差が大きいカップルに焦点をあて、配偶者ビザ申請のポイントについて解説していきます。

年齢差が大きいと、配偶者ビザの審査は厳しくなる?

国際結婚したカップルの年齢差が大きい場合、審査が厳しくなる傾向にあると思います。何故厳しくなるのかと言うと、偽装結婚を疑われるからです。配偶者ビザを取得出来れば、日本国内での就労制限がなくなります。就労ビザの取得が難しい方が、偽装結婚という手段を使ってビザ取得をするというケースがございました。偽装結婚に対するビザ発給をしないように、出入国管理局では一般的ではない結婚の場合、審査が厳しくなる傾向にあると言えるでしょう。

しかし、現在では、個々の価値観の違いや晩婚化により、年齢差が大きいカップルも珍しくありません。国際結婚となれば尚更ではないでしょうか。しかし、配偶者ビザ申請では、一般的な夫婦の年齢差と比べ、その年齢差が極端であるとみなされれば、やはり審査は不利になる可能性がありますので、お二人の結婚が真実の結婚であることをしっかり証明していくことが重要となります。

年齢差が大きい場合の対応方法

しかし、年齢差が大きいからといって必ずしも配偶者ビザが不許可になるわけではありません。ここでは配偶者ビザ申請が有利に働くような、申請のポイントについてご説明致します。

出会いから結婚まで、しっかり説明しよう

ビザ申請では、お二人の結婚が本物であることを証明するために、出会いから結婚に至るまでの詳細な経緯を説明することが重要です。初めて出会った場所、交際に発展した経緯、恋人としての関係が進行していく過程、結婚を決めた理由など、具体的なエピソードと共に記述することで、交際関係の真実性を証明できます。

交際の証拠、積極的に提出

お二人の関係性を証明するために、交際期間中の写真やメッセージの記録、旅行の記録などを積極的に提出しましょう。これらの証拠はお二人の交際実績を示す上で、とても大切な証明材料となります。

家族や友人との写真も大切

また、家族や友人と一緒にいる写っている写真もお二人の関係を示す重要な証拠となります。日本人同士でも同じですが、結婚相手の両親に会うことはとても重要です。客観的に見ても、お互いの本気度がしっかり伝わる行為といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。年齢差が大きいケースでは、確かにビザ申請は難しくなるかもしれません。しかしながら、出会いから結婚までの経緯を説明し、交際の証拠をしっかり提出することで、配偶者ビザ取得の可能性は高まるでしょう。

たろう行政書士事務所では、配偶者ビザ取得にご心配のあるご夫婦をサポート致します。ビザ申請に関するご質問や不明点があれば、いつでもお気軽にご相談ください。私たちは皆さまの国際結婚のお手伝いをするため、専門的な知識と経験を持ってサポートいたします。

この記事の監修者

本田 太郎行政書士
たろう行政書士事務所 代表

外国人VISA、在留資格を専門に取扱う「申請取次行政書士」

専門分野:配偶者・国際結婚ビザ、外国人就労ビザ、永住申請、帰化申請

【運営サイト】
たろう行政書士事務所
帰化東京サポートセンター
雇用・就労ビザ東京サポートセンター
経営管理ビザ東京サポートセンター
お電話・メールにて
まずはお気軽にご相談ください
メールでのお問い合わせ                                
無料相談予約フォーム
24時間受付可能
TOP